女性の悩み…節目で起こる抜け毛と薄毛!対策はホルモンバランス!

女性の悩み…節目で起こる抜け毛と薄毛!対策はホルモンバランス!

 

薄毛は、男性にとっても女性にとっても深刻な悩みですよね。特に女性は、出産や閉経など、人生で身体的に辛いとき、ホルモンの減少でどっと髪が抜け、さらに心労を増やします。

 

男性も、男性ホルモンが多いと薄毛になるとよく言われますね。実際、男女の薄毛の原因の違いはどうなのでしょう?

 

男女での薄毛要因の違いと共通の原因

もちろん、男性女性ともにストレス、バランスの悪い食事、飲酒喫煙、寝不足など、生活習慣は薄毛の大きな原因です。

 

また、女性は、カラーリングやパーマ、整髪料を落とすための過度なシャンプーなどで頭皮にダメージを与えるがちなための薄毛が多いそうです。

 

 

男性の薄毛の原因とよく言われる男性ホルモン(テストステロン)ですが、これは本来、薄毛の原因とはなりません。このテストステロンが、毛乳頭にある酵素と結び付き、ジヒドロテストステロン(DHT)と言う男性ホルモンに変わり、これが髪の成長を妨げるのです。

 

これがよく聞くAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状です。

 

 

このパターンは少いながら男性ホルモンを持つ女性にもあります。こちらは女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。

 

これは、更年期で、髪の発育のリサイクルを整える女性ホルモンのエストロゲンが減ったり、仕事などで緊張感・ストレスを強く持つこと(男性的ストレス)で、男性ホルモンが増えるそうです。

 

 

また、出産直後は妊娠を維持するために多く分泌されていた、髪の生え代わりをコントロールする役割を担っているエストロゲンが一気に減少するため、脱毛が激しくなります。

 

女性の薄毛予防の鍵は、エストラゲンを増やし、男性ホルモンのテストステロンを増やさないことが大切です。

 

食生活は健康な髪の基礎

男女とも、ホルモンバランスを取るにはストレスや運動不足、睡眠不足を見直すのはもちろん、食生活も大事です。

 

女性ホルモンの分泌を促す大豆イソフラボンの吸収のいい豆乳や、エストロゲンを活発にする働きを持つビタミンEを多く含むアーモンドなどを積極的に取りたいですね。

 

髪の成分を担う良質なタンパク質も大切です。

 

また、女性に冷えは大敵ですが、おしりの少し上、仙骨を暖めるとエストラゲンの活動が活発化すると言われます。

 

ホルモンバランスを上手く取って、健やかで頑張れる人生でいたいですね。

 

女性でも育毛剤でケアする時代

育毛剤と聞くと男性のものというイメージがあるかもしれませんが、女性用の育毛剤も充実してきています。

 

ここまでお話したように、男女によって薄毛原因は微妙に違います。なので、女性の薄毛には女性のために作られた育毛剤を使ったほうが効果は期待できるわけです。

 

人気の育毛剤のなかでミューノアージュというものがあります。これは女性用の加齢による薄毛対策として非常に多くの支持を受けているもので、ミューノアージュ効果などでもそのサポート力がわかります。

 

ぜひそういったものも積極的に取り入れて、美しく若々しい髪を取り戻したいものですね。