AGA(男性脱毛症)の具体的な治療方法

AGA(男性脱毛症)の具体的な治療方法

「貴方は髪の毛ありますかー、ありますかー」このフレーズにピンと来たら同世代です、今となっては懐かしいFLASH「ハゲの歌」当時中学生だった私もゲラゲラ笑っていましたが現在は真逆、他人事じゃなくなり見るのも辛い状態です。さて前置きはここまでにして本題に入りましょう。

 

もしも本当にハゲが来てしまったら殆どの人がAGA(男性脱毛症)の専門クリニックか皮膚科(実はここも診断を受ける事が可能です)へ処方しに行くと思いますが、前者の場合は保険適用外になることが多く、保険証を持っていても高額の治療費を払う羽目になり懐に厳しい人には辛いでしょうし、通院となればお金持ちの人でも痛い出費です。

 

とは言え一度AGAが進行してしまうと自力で直すのはなかなか難しい問題、せめて薬だけでも自分で買えたらな…とお考えになるでしょう。実は出来ます。いわゆるフィンペシアかプロペシア、ミノキシジルと言ったAGAに効果ある薄毛治療薬は普通は買う事は出来ません。ですが「日本」での話、早い話が上記の外国産を個人輸入です。別に違法でもなんでもなく、現在は薬の輸入代行業者も存在しれっきとした商売として成り立っているので、身構える必要はありません。

 

薬単体だと、一ヶ月30日分の30個入りが安いのでも2000円手前で買えるのもあるので、クリニックで処方するより安上がりです。しかし根気よく服用を続けないといけないのでこまめに薬の買い足しもしないといけませんが、何より薬だけ貰うと言う事は医師からの使用上の注意を受ける事も無いのでいわば自己責任でやらないといけなくなり、万が一自分の身に副作用で影響が出ても自己責任で片付けられるので、買う際は事前に情報収集を怠らない様にしましょう。

 

特にプロペシアは副作用でED(勃起不全)を引き起こしやすいと言われているので、髪は治ったが男を失った…なんて尊い犠牲も出てきます。それでも直したいと言うなら私は止めません、その効果は絶大ですから。ですが買う際は副作用もあるという事を忘れずにお願いします。

 

コストも副作用リスクも回避したいという人は、市販のヘアトニックなどは最低限使ってこまめに対策していきましょう。回復の見込みはもちろん医薬品よりは低いですが、使わないよりは確実にマシです。ヘアトニック選びで迷ったら下記のサイトも参考にしてください。
【辛口評価】効果のある男性用ヘアトニック人気ランキング!

関連ページ

フィナステリドとシャンプーで抜け毛対策
フィナステリドとシャンプーを使った抜け毛対策、薄毛対策
薄毛改善はトータル的に